俺と息子と365日

息子との日常日記。新しい事や子育てをするうちに気が付いた事、便利な事などを書いていこうかなと。

保育園の先生がミニカーの種類を間違えた事に怒る息子の話

time 2018/09/05

スポンサーリンク

今日、保育園に登園した際に先生から嬉しい話を聞きました。

息子がニコニコして先生のところに歩いてきたので、先生が息子の手を見てみるとミニカーを持ってきてたみたい。

先生は息子が『はたらくくるま』が大好きなのを分かってくれているので『はたらくくるま』の歌を歌ってあげる事にした。

ワンボックスカーみたいな形をしているミニカーだったらしく、ぱっと見では救急車に見えたとの事。

なので「怪我人、病人運ぶよ救急車」と歌ってあげたみたい。

『はたらくくるま』を聞いた事がある人は分かると思いますが、「怪我人、病人運ぶよ救急車」と歌ったら合いの手で「救急車」と歌うんですよね。

息子はこの部分が大好き。首でリズムを取りながら「きゅーきゅーたーーー!」と大声で歌ってくる。

先生も合いの手を入れてくるはずと思って準備してたのに全然合いの手が入ってこなかったみたい。

不思議に思って息子を見てみると「え?何言ってんの?」みたいな顔をしてたらしい。

「どうしたの?」と先生が聞くと息子は怒りだし、怒ったままミニカーを指挿して何か言っている。

先生がよく見てみると救急車じゃなくてパトカー。

「ああ、救急車じゃないね。ごめんね。」と謝りつつ「交通安全守ってパトロールカー」と歌いなおしてあげると、今度はニコニコしながら合いの手を入れてきた。

そして、そのままニコニコしながら去って行ったらしい・・・。

スポンサーリンク

先生が凄いのかもしれない

話を聞いた時はもの凄く可愛くて嬉しかった。

一丁前に間違いを指摘する息子の成長も嬉しいし、先生が息子の好みを理解してくれてるのも嬉しい。

先生にはちょっと悪い気がして恥ずかしい気もしたけど、それだけ息子は先生を信頼しているって事な気もする。

信頼してる人だからこそ期待していたのと違う事言われて怒ったのかも。

他人の子にそこまで信頼されるって素直に凄いと思う。

いい先生にあえて良かったな~っと朝から実感できた日でした。

スポンサーリンク

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

スパムコメント対策でコメントは管理者の承認後に公開されます。

関連記事

レビュー

困った事

嬉しかった事

記念日

買ってよかった物



スポンサーリンク

気が付いたら残り5枚とかになってるオムツ。無くなって困る前に買い溜めって手も。

スポンサーリンク